NEWS
〜伝説のリズムセクション、復活!!〜
Tacker's ついに始動!!
日本ロックの黎明を支えた伝説のロックバンド
「カルメンマキ&OZ」のリズムセクション
川上シゲ(Bass)とChappy(Drs.)がついに復活、始動!!


お待たせしました!!
武田"chappy"治ドラムクリニック開講!!
武田"chappy"治のマンツーマン・ドラムクリニックが開講しました!!
初心者からプロのドラマーまで、どなたでもOK!!
超実戦のドラムクリニックです!
レッスン内容、応募方法等詳しくは こちらをクリック!!
Profile
川上シゲ(Bass)
70年代前半米軍キャンプ回り、元ダイナマイツ瀬川洋氏のグループへの参加等を経て1975年<カルメンマキ&OZ>加入。シーンの黎明期を切り開き、「日本のロックの到達点」と評されるこのバンドでの活動で、「日本ロックベースのパイオニア」としてのポジションを不動のものとする。
<カルメンマキ&OZ>解散後は<NOIZ>、<千年コメッツ>、<タイフーン・ナタリ>等、日本ロック史において重要な意味を持つ数々のバンド・セッションに参加。
近年は新人発掘プロデューサーとして数々のミリオンヒットアーティストを輩出しつつ、マイペースでレコーディングセッション('06 井上陽水「長い猫」etc)への参加等おこなってきたが、2009年、盟友Chappy氏とのプロジェクト<Tacker's>にて完全復活を宣言。
強烈にドライブする、独創的で他の追随を許さない唯一無二のベースプレイ。
オールドロックファンのみならず、数多のミュージシャンの絶大なるリスペクトを集める「日本ロックベース界の巨人」が、ついに動き出します。

Chappy(Drs.)
<ファーラウト>での活動を経て、1974年、LA・Whisky A Go Goで日本人として初めてプレイしアイランドレコードからデビューした伝説のバンド、<クロニクル>を結成。翌75年にはイタリアのプログレ・バンドPFMとJAPAN TOURにて競演。当時の日本人としては極めて珍しいワールドワイドな活動の後、1977年カルメンマキ&OZに参加。
日本人離れした骨太でダイナミックな演奏。「カルメン・マキ&OZライヴ(Live)」で聴くことの出来る川上シゲ氏との強烈なリズムセクションは、日本ロック史の伝説となり今なお語り継がれている。
近年は<Super Goooooood!!>での活動を主体に様々なセッションに参加。
川上シゲ氏の誘いで「伝説」の再演〜<Tacker's>始動〜を決意。